ヘアカラートリートメントおすすめ

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントおすすめを紹介しています。

ヘアカラートリートメントとは

ヘアカラートリートメントは、有効成分(美容成分など)を髪の毛に浸透させて補修させる働きがあり、白髪を染めながトリートメントしていきます。

白髪染めトリートメントおすすめ人気ランキング! | 白髪染めシャンプーランキング!無添加・安全を重視!
【白髪染めトリートメントおすすめ人気ランキング】人気のある白髪染めトリートメントをランキング形式でおすすめしています。口コミや効果が気になる男性・女性の参考になると幸いです。市販の白髪染めが不安な人に人気のある白髪染めトリートメントはおすすめです。

リンスやコンディショナーは、髪の表面をコーティングして手触りや指通りを滑らかにしますが、ヘアカラートリートメントは、内部に浸透させて内側から整えていくという違いがあります。

ヘアカラーとヘアカラートリートメントの違いとは?

ヘアカラーは、髪を膨張させてキューティクルを開き、脱色しながら髪の毛の内部に染料剤を浸透させて染色をしていきます。

色持ちは良いですが、体調やタイミングによっては、ジアミンによるかぶれ、かゆみ、腫れといった皮膚アレルギーを引き起こすこともあります。

ヘアカラートリートメント は、髪の表面をカラー成分でコーティングしていくヘアマニキュアタイプです。

表面をコーティングしていきますので、髪の毛のダメージや負担をできるだけ抑えることができという特徴があります。

頭皮と髪の負担を抑えることができますが、ヘアカラーに比べて色持ちが続かず、2~3週間に1回のペースで染め直していきます。

全体的に明るくすることができず、白髪にだけ色がついたように見えます。

ヘアカラートリートメントの選び方のポイント

ヘアカラートリートメントを選ぶ時はいくつかのポイントがあります。

人気があるものを選ぶ

人気があり、長い間売れ続けている製品は多くのユーザーに信頼されてるという証拠です。

長い歴史と信頼の証は、昨日今日で築かれるものではなく、長い時間が必要になります。

口コミやレビューも重要ですが、長い時間売れ続けているという実績は、時には口コミや評判といった不確定な情報以上の重みを感じさせてくれることも。

多くのユーザーに支持されてるという実績には、さまざまな企業努力の積み重ねがありますので、人気のあるヘアカラートリートメントを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

成分で選ぶ

髪質やダメージの状態で選ぶのも大事ですね。

「最近、パサついてきたかな?」という場合や、一般的な白髪染めによるダメージを感じる場合は、天然由来の植物成分を配合してるものを選ぶことも重要です。

ヘアカラートリートメントの仕上がり

ヘアカラートリートメントの仕上がりは、ケミカルな白髪染めのように一回でしっかり染めるというタイプではなく、染めるたびに色か重なり深みが増してきます。

透明なセロファンを重ねていく感じに近い感じかな。

初めて染める場合は、2~3回連続で染める場合もあり、全体的にやさしい仕上がりになります。

黒(ブラック)仕上がりは?

黒は仕上がりにムラが少なく使いやすいカラーです。

白髪にだけ色がついてように見え、染めるたびに色を重ねていく感じなので、ブラック系は仕上がりの予測がしやすく無難です。

ブラウン仕上がりは?

ブラウン系は、白髪部分がブラウンに染まりますので、黒髪にアクセントをつける時に効果をもたらしてくれます。

地毛がブラウン系の人や、ポイント的に明るいアクセントを効かせたいという場合におすすめです。

ヘアカラートリートメントの使い方

使い方は、シャンプーでしっかり頭皮と髪の汚れを落とした後、水分をしっかり取ります。

手にたっぷり量を取り、髪の毛全体を揉むようになじませていくと色の定着が良くなります。

キャップーやサランラップで保温するとキューティクルが開き、トリートメントとカラー成分の浸透が良くなり着色しやすくなります。

指定されてる時間に合わせて放置し、色がついた水が出なくなるまでしっかりすすぎます。

ドライヤーでしっかり乾かすと色の定着が良くなります。

ポイントは、たっぷりの量を使うことと、キャップやサランラップで保湿することと、ドライヤーでしっかり乾かすこと。

いつも使ってるシャンプーを白髪染めシャンプーに替えるとさらに色持ちが良くなります。

ヘアカラートリートメント 乾いた髪

乾いた髪に使用すると、濡れた髪に比べてしっかり染めることができます。

しかし、ヘアケア剤や髪や頭皮が皮脂で汚れてる場合は、色の定着が悪くなることもあります。

乾いた髪に使用する場合は、事前にブラッシングでホコリを取ってから使ってくださいね。

ヘアカラートリートメントのコツ

ヘアカラートリートメントは、髪の表面に色をつけるたびに深みが増していきます。

ケミカルな白髪染めに比べると染まりが弱いので、最初は2~3回くらい連続で染め続けることも。

できるだけ効率よく染めるには、量と保湿がポイントです。

たっぷりの量を塗り、キャップやサランラップで保湿して、ドライヤーでしっかり乾かすことが綺麗に染めるためのコツになります。

ヘアカラートリートメント掃除と汚れ

ヘアカラートリートメントが付着してもすぐに洗い流せば大丈夫です。

床や洗面台などをできるだけ汚さないためにも、お風呂ついでに染めると楽ですよ。

風呂場なら付着してもすぐに洗い流すことができますので、忙しいときは時間節約にも繋がります。

ヘアカラートリートメント 素手

素手で使用してもOK。

ただし、使用後は爪が黒くなるので、できればコームやブラシ、手袋を使用すると良いでしょう。

爪が黒くなってもすぐに石鹸で洗い流すと落ちます。

ヘアカラートリートメントタオルも汚れる?

ヘアカラートリートメントは、しっかり洗い流してドライヤーで乾かさないとカラー成分が抜けてバスタオルに付着することもあります。

ただ、それほど神経質にならなくてもOKですが、ドライヤーで乾かすことにより開いていたキューティクルを閉じてカラー成分が抜けるのを防止してくれます。

気になる方は、黒いタオルを用意すると良いでしょう。

ヘアカラートリートメント枕も汚れる?

ヘアカラートリートメントは、髪の毛が濡れている場合に色落ちすることが多く、雨や大量の汗をかいた時に

湯シャンとヘアカラートリートメント

湯シャンでヘアカラートリートメントを使用する場合は、脂が髪をコーティングしてる恐れもあり、着色に影響出るかもしれません。

ヘアカラートリートメントする前に、シャンプーで洗ったほうが色が付きやすいかな、と感じます。

ヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアなので髪の表面をコートして色をつけていきます。

脂が髪をコーティングしていては、カラー成分の着色が通常よりうまくいかず、仕上がりに影響を与えてしまうことも。

ヘアカラートリートメントを使用する前はシャンプーをする日、とい決めていても良いかもしれませんね。

ヘアカラートリートメントは黒髪も染まる?

白髪染めトリートメントは、髪の毛全体を染めますが、黒髪が強いため白髪にだけ色がついたように見えます。

ヘアカラー(おしゃれ染め)のように全体を明るくするという染め方はできません。

ヘアカラートリートメント メンズ

男性用の白髪染めブランド(メンズビゲンなど)はありますが、基本的にヘアカラートリートメントは男性用、女性用とでは違いはありません。

ヘアカラートリートメントは男女兼用です。

それを踏まえてお伝えすると、30代、40代、50代の疲れている頭皮と髪におすすめな白髪染めトリートメントは、天然成分にこだわりがあり、髪の内側から修復してくれるものがおすすめです。

リンスとコンディショナーもありますが、白髪染めトリートメントとでは役割が違います。

リンスとコンディショナーは、髪の表面をコーティングして整えることしかできません。

しかし、トリートメントは髪の内部に有効成分を浸透させて修復しながら白髪を染めていきます。

頭皮と髪が疲れている男性にこそ、白髪染めトリートメントを試して欲しいですね。

ヘアカラートリートメント注意点

ヘアカラートリートメントを使用する際の注意点は、保湿をしっかりすること。

色の定着を良くさせるには、保湿をしっかりしてきちんと乾燥させることがポイントです。

ヘアカラートリートメントの退色

色落ちの原因の一つにキューティクルが開くことによって褪色が早まるということも考えられます。

髪をしっかり乾かしキューティクルを閉じてあげることも色持ちするポイントの一つです。

ヘアカラートリートメントと汗

雨で激しく濡れると色落ちすることもありますので、水気をしっかりとりドライヤーで乾かしてあげることも大事です。

また、肉体労働の方は、大量の汗をかくと帽子やヘルメットなどに色がつくこともあります。

ヘアカラートリートメント若白髪は?

10代の若白髪は後頭部に出やすく、後ろに人がいたら嫌になりますよね。

できるだけ、薬剤を使用した白髪染めはしないようにしたいんじゃないでしょうか。

そういう時に、無添加・天然由来の植物成分を配合している白髪染めトリートメントを試してみても良いかもしれません。

ヘアカラートリートメント高校生は?

高校生で若白髪に悩んでいる人は多いんじゃないでしょうか。

男性の場合は、坊主にして目立たなくさせるという方法もありますが、女性はそういうことはできないでよね。

白髪染めトリートメントは酸化剤を使用していないので、髪の負担を抑えることができます。

トリートメント効果もありますから、1~2週間に1度のペースで使用してみてはいかがでしょうか。

ただ、染めた次の日に大量の汗や雨に濡れると色落ちしてしまうこともありますので、少し注意が必要です。

白髪染めトリートメントを使用後にタオルで水気を取り、ドライヤーでしっかり乾かすと色の定着が良くなり、色持ちを防ぐことに繋がります。

ヘアカラートリートメント中学生は?

中学生の若白髪も、できるだけ染めたくないですよね。

無添加の白髪染めトリートメントは、頭皮と髪にやさしいので試してみても良いかな、と思います。

ただ、プールや部活などで髪が濡れてしまうと色落ちしてしまうことも考えられますので、学校の先生に相談しながら連携して柔軟に対応していくことも大事かもしれません。

ヘアカラートリートメント ランキング

ヘアカラートリートメントおすすめをランキング形式で紹介しています。

口コミ、評判などを含めて購入前の参考にしていただけると幸いです。

ルプルプ

ルプルプは5つをリニューアルしました。

  • 退色しにくい
  • 染め力アップ
  • テクスチャーが柔らかい
  • 髪ツヤアップ
  • 5種類の美容オイル
  • 無香料、無鉱物油、タール系色素不使用、ジアミン系酸化染毛剤不使用、アレルギーパッチテスト済み

    北海道函館産のカゴメ昆布「フコイダン」配合、ラベンダー油、オレンジ油、ローズマリー油

    カラーは、ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラックの4色です。

    マイナチュレ

    マイナチュレ・ヘアカラートリートメントは、頭皮と髪の毛にやさしいながらも『しっかり染まる』ことに注目して開発されています。

    1本で、白髪ケア、スカルプケア、エイジングケア、ヘアケア、4つの働きを実現するオールインワン・ヘアカラートリートメントです。

    無香料、ノンシリコン、無鉱物油、パラベン不使用、ノンジアミン 、紫外線吸収剤不使用、サルフェート不使用、法定タール色素不使用

    ボタンエキス、ローズマリー葉エキス、ホホバオイル、セージ葉オイル、アシタ葉エキス、

    ポーラ

    POLA グローイングショット カラートリートメントは、風呂で使えて髪を修復しながら白髪を染める1本で2つの役割をしてくれます。

    髪の毛をサポートする成分(5種類のセラミド、14種類のアミノ酸、トチャカエキス)

    頭皮環境を整える成分(パウダルコ樹皮、3種類の浸透型コラーゲン、オタネニンジン根エキス)

    ポーラオリジナルエキス(黒米エキス)

    色(ブラック、ブラウン)

    ヘアカラートリートメント・まとめ

    ヘアカラートリートメントは、「頭皮と髪の毛にダメージを与えないで白髪を染めたい」という人におすすめです。

    従来の白髪染めは、酸化剤(ジアミン系成分)を使用して髪の毛を染めていきます。

    染まりが早く色落ちのリスクが少ないですが、酸化剤によるかぶれになることも。

    ヘアカラートリートメントは、へマニキュアなので酸化剤を使用していません。

    頭皮に優しい白髪染めを探してる人におすすめです。

    タイトルとURLをコピーしました